BOOKMARKS

Blog

career
2017.12.28

【社員インタビューvol.3】佐藤 芽生(クリエイティブ)


2015年中途入社
サポートセンター クリエイティブ事業部
正社員

サポートセンターでの仕事

 

─入社してからの働き方や仕事内容について教えてください。

現在はサポートセンター(本部)で販促物や広告、webサイトなどのクリエイティブ作成業務全般、周年や社内で行うイベントの企画・進行、販促物の管理、業務改善のサポートなどをしています。 今は減りましたが、以前は勉強カフェの店頭スタッフとして接客業務もやっていました。

とある勤務日のスケジュール

10:00 出社、チャット・メールチェック
11:00 ミーティング
12:30 WEBサイトの更新
14:00 お昼ごはん
15:00 チラシ作成
18:00 店舗でクリエイティブ素材の撮影
19:00 退社

 

間違えて応募?!

 

─ブックマークスに入社したいと思ったきっかけを教えてください。

前職で制作会社でデザイナーをしていた時に転職を検討していて、求人サイトを眺めていたらブックマークスのマネジャー候補の募集を偶然見つけました。
学生時代にコミュニティづくりに興味があったこともあり「へえ〜こんなことやってるとこがあるんだ」と興味を持ちました。でも特に応募はする気はなくて……細かい説明は省きますが、誤操作(?)で面談の応募をしちゃったんです。 そのあと、ちょうどその時期実はデザイナーを欲していたブックマークスからぜひ面談を、と連絡が入り、誤操作とはいえ応募してしまったし面談くらいは行ってみるか……と。そこで色々と事業の話を聞いて、デザイナーとして参画するのはおもしろそうだと思いました。
転職したかったこと、誤操作してしまったこと、ちょうど会社がデザイナーを求めていたこと。いろいろなタイミングと偶然が重なっているのがなんだか面白かったのと、Credoに共感したことで最終的に入社を決めました。

 

クリエイティブで伝える

 

─どんなところにやりがいを感じますか?

やっぱり自分が作ったものが店舗に設置されたりしたときに反応をもらえるのは単純に嬉しいですね。
「勉強カフェ」は所謂一般的な自習室ではなくてコミュニティ要素のある勉強場所、と謳ってはいるものの設備だけ見られてしまうと「まあ結局オシャレな自習室でしょ」と同一視されてしまいがちです。
それに、勉強は「一人でするもの」というイメージも強いので、「コミュニティ」と言われてもイメージできない方も多いと思っています。
だからクリエイティブで繰り返し「ちょっと違うんだぞ」「勉強は自習だけじゃないぞ」というメッセージを表現していかなければならない。それをどう伝えるか、はいつもすごく悩みながらアウトプットするんですが、その分作ったものに対する「これいいね」は嬉しいです。
あと半分仕事じゃないような話ですが、社内イベントやAnniversaryでみんなにサプライズ(いたずら)をしかけるのはものすごく楽しいし、やりがいを感じます。みんなのびっくりした顔が大好物です。

 

勉強のイメージを変える

 

─今後やりたいことを教えてください!

「勉強」という言葉をもっと、「楽しいもの」というイメージに変えていきたいです。そのために自分ももっと知を深めて楽しむ生き方をしていきたいと思いますし、クリエイティブで表現していきたいです。
あと現時点での自分の理想の人生は、「好きな時に、好きな所で、なるべく怠惰な生活をしながら学んだり、創作活動をしていく人生」なので、できるように頑張っていきます。